専門性の高い塗床工事

時代と共に塗床の主流も変わってきたように思います。
一般的に塗床と言えば、エポキシ樹脂塗料を使用するのが大半だったと思いますが、近頃は水系硬質ウレタン塗料の普及が急速に進んでいます。

エポキシ樹脂以上の耐久性を要するため、より確実な下地処理が必要となってきます。確実な塗膜除去や、確実なダイヤモンド研磨、そして確実なカッター処理がそれです。
そのためには専門の機械・工具が不可欠で、より専門性が追求されるように変化してきました。

結果的に、性能・機能はどんどん良くなります。でも金額も上がるのです。より良いものを、より安く。
これはどんなものにおいても永遠のテーマです。

機材と工法



ライナックス機各種

まずは大事な下地処理



平滑仕上げ

左:平滑仕上げ 右:防滑仕上げ

エポキシ樹脂コテ仕上げ

強度も予算も一般的




ウレタン樹脂系コテ仕上げ

割れにくい、欠けにくい




MMA樹脂系塗床

速硬化性、外部やアスファルト上にも可能!



アクリル樹脂2回塗り

エポキシ樹脂中膜一回塗り

樹脂各種ローラー仕上げ

リーズナブルな



奥が防滑仕上げ、手前が平滑仕上げ

防滑仕上げ:色分け

水系硬質ウレタン系塗床

高耐久・高性能

最新の施工事例(ブログから)

塗床工事・施工事例(MMA樹脂系塗床)

まずは、下の写真のように、ライナックス機で念入りに研磨してい …

塗床工事・施工事例

前々回のブログで紹介させていただいた、某鉄鋼会社様の全長20 …

塗床工事・施工事例

久しぶりの塗装工事の紹介です。
塗装は樹脂舗装より写真映えしないので、どうしてもアップ数が少なくなってしまいます。(涙)

塗床前の下地処理

塗床の改修工事で不可欠なのが下地処理です。 下地処理で仕上げ …

川越出張

今回は埼玉県川越市内の某食品製造会社の工場にて塗装改修工事で …

塗床新設工事

新潟市内某所の除雪ステーションで塩害対策による塗床新設工事で …